活用シーン

健康管理システム「HSS」ではお客様のさまざまなお悩みを解決いたします。

紙管理のため、管理が煩雑で事務作業に時間が取られている。そのため、最低限の対応しかできていない。

HSSでは様々な軸で柔軟に検索ができ、対象者の絞り込みが可能です。絞り込んだ対象者に一括メール送信や一括保健指導記録が可能なため、効率よく事後措置をすることが可能です。

紙管理のため、データ分析(データ活用)ができていない。

HSSでは管理者向けにデータ集計画面をご用意しています。健診結果、特定保健指導実施率、保健指導実績等様々な軸で集計が可能です。また、Excelへのデータ出力もできるため、様々な軸での分析が可能です。

 

健康診断の結果は拠点ごとに管理しているため、基準が統一化されていない。人事異動等で過去の健診結果や申し送り事項などの紙の送付が発生し手間がかかっている。

HSSでは自動判定機能で統一された基準での判定を付与することが可能です。また、管理者毎に役割やエリアごと等で閲覧権限を設定できますので適切な管理が可能です。人事異動等での拠点間の過去の健診結果の紙の送付なども全拠点のデータをHSSで一元管理するため不要です。HSSプレミアムであればシステム導入に伴うルールの整備もサポートいたします。

紙管理だったものを電子管理に移行したいが、何から手を付けてよいのかわからない。

HSSプレミアムではこれから健康管理システムを導入するというお客様のために、紙管理からのシステム導入作業もサポートいたします。
サービスについて詳しく知りたいお客様は、まずは下記リンクよりお問い合わせください。

有所見者のみのフォローで、全従業員への効果的な事後措置ができていない。

HSSでは様々な軸で対象者の絞り込みができるため、有所見者のみだけではなく予備軍的な従業員など、従業員の健康レベルに応じたフォローを効率よく実施することが可能です。

健診結果だけではなく、就労状況やストレス状況を一元的に管理したい。

HSSでは様々な情報を個人に紐付けて管理が可能です。健診結果だけではなく勤怠データも取り込むことが可能なため長時間労働対策や、ストレスチェックの実施もHSSで可能です。詳細は下記リンクよりお問い合わせください。

健康管理システムを導入したいが個人情報を扱うためセキュリティ面で安心できるサービスを導入したい。

堅牢でセキュアな弊社データセンター(国内)で運用しており、様々なセキュリティ対策でデータ保護をおこなっております。長年の運用実績とセキュリティの厳しい金融業のお客様にも導入されておりますのでご安心ください。