健康管理システム導入に関するメリット・デメリットは?

現代の事業者には、労働者と健康に関するさまざまな役割が求められている

近年、政府の方針により、事業者が労働者の健康を守るために行うべきさまざまな制度の実施が、事業者に義務づけられるようになりました。事業者には、労働者が健康に働くため、または、それぞれが抱える健康問題に寄り添いながら労働環境を考えてサポートするために、多くの役割が求められています。

そのため、労働者の健康診断の結果やワクチンの接種状況を正しく把握したり、医師や保健師と連携をとりながら健康状態に合わせた働き方へと調整を行ったりといった、従来にはなかった役割やタスクが発生しています。

紙やエクセル表による健康データ管理の限界

労働者の健康状態に関わるさまざまなケアを行うためには、労働者一人ひとりの健康データが必要です。特に「労働者が病気になるのを防ぐ」「労働者の病気の悪化を防ぐ」という観点からすれば、ただデータを管理するだけでなく、どれだけ“活用”できるのかが重要になってきます。健康診断の結果をデータとして分析し、見逃しがちな病気の可能性を読み取ったり、一人の労働者の健康状態を何年も継続して観察したりする必要があるでしょう。

しかし、大きな企業や組織が抱えている労働者の数は多く、またそれぞれから得られる健康データの量は膨大です。これらの情報をかつてのように、紙やエクセルの表などで管理するのは、時間と労力の面からも現実的ではありません。「情報のフォーマットが異なるため、部署やグループ会社間で情報が連携されない」「入力の際に漏れやミスなどが発生する」「特定の労働者の健康情報を抽出しづらい」といった問題がつきまとい、産業医や保健師などが情報を把握・活用しにくくなります。また、個人情報の取り扱いという側面からも不安が大きいでしょう。

健康管理プラットフォームを導入するメリット

このような問題に対する代表的な解決策が、健康管理プラットフォームの導入です。例えばC T Cの提供する健康管理システム「HSS(Health Support System)」では、共通のフォーマットで労働者の健康データを管理し、簡単な操作で必要なデータを取り出すことができるため、事業者側も産業医などの第三者もデータの活用が行いやすくなります。また、ストレスチェックの結果や長時間労働の状況などの情報も一元管理したり、オンライン面談をサポートしたりすることも可能です。健康データの管理に関わるコストを削減しながら、労働者により丁寧で適切なケアを行うことができます。

さらに、情報セキュリティの対策が徹底されていることはもちろん、誰がどの情報を見られるのか、厳密な権限設定ができるため、必要な人に必要な情報をだけを提供できる点も大きなメリットです。

システム導入時のデメリットも丁寧にケア

しかし、新しいシステムを導入するとなると、そのための準備や立ち上げの難しさなどに不安を感じるケースも多いことでしょう。特に、今まで紙で管理していたものをデジタル化するときには「情報をどうやって移動させるのか」「産業医や保健師にシステムの使い方をどう説明するのか」などの疑問や不安がつきまといます。

だからこそC T Cの「HSS(Health Support System)」では、導入時、または運用時のサポートを手厚く丁寧に行い、システム導入に伴う問題の解決を行っています。また、必要に応じて、企業ごとのニーズに合わせた設定の変更やカスタマイズも承っており、“自社に最適化”させた健康管理システムの提供が可能です。健康データを管理するのに最適な機能に加え、万全のサポート体制をご提供することで、健康データ管理に関する様々な問題を解決しています。

資料請求、お問い合わせはこちら

社内の健康管理業務にお困りの方、効率化させたい方は、お気軽にお問い合わせください。
御社に最適なサービスをご提案いたします。

0120-985-851

平日9:00~17:30 ※祝祭日・年末年始(12/29~1/3)を除く

費用の相談・お問い合わせ