ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ

健康経営を目指す際に重要になってくるのがハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチという考え方です。

ハイリスクアプローチは健康診断などを用いたハイリスク者の抽出と対策、ポピュレーションアプローチは健康増進キャンペーンなどで従業員全体に自律的な健康管理を促すアプローチのことです。

HSSで実現するハイリスクアプローチ

CTCでは健康管理システムHSSを用いて健康状態を見える化し、ハイリスクアプローチを実現します。

HSSを導入することで、今までできていなかったリスクレベル別のフォローが漏れなく可能になる為、高リスク者はもちろん、中・低リスク者にも適切な事後措置・保健指導をすることが可能になります。

それにより、高リスク者になる前の予備軍対象者にもあらかじめ手を打つことで全体のリスク低下が可能となります。
また、個人ごとにデータが蓄積されていく為、経年変化も追えるようになります。

HSSはWithコロナでも健康指導がスムーズに行えるよう、ZoomやTeamsとも連携、保健指導の予定を登録するタイミングでオンライン面談の予定を自動登録することが可能です。
予定はメールでも通知が行われます。

ポピュレーションアプローチへの取り組み

ポピュレーションアプローチについては運動、食事、体重、睡眠をトラッキングできるウェアラブル活動量計 『Fitbit』とAI健康アプリの『カロママ+』を用いることで健康意識の向上をサポートします。

それにより、高リスク者になる前の予備軍対象者にもあらかじめ手を打つことで全体のリスク低下が可能となります。
また、個人ごとにデータが蓄積されていく為、経年変化も追えるようになります。

HSSはWithコロナでも健康指導がスムーズに行えるよう、ZoomやTeamsとも連携、保健指導の予定を登録するタイミングでオンライン面談の予定を自動登録することが可能です。
予定はメールでも通知が行われます。

資料請求、お問い合わせはこちら

社内の健康管理業務にお困りの方、効率化させたい方は、お気軽にお問い合わせください。
御社に最適なサービスをご提案いたします。

0120-985-851

平日9:00~17:30 ※祝祭日・年末年始(12/29~1/3)を除く